短期集中講座「バーテンダー養成講座」 レポート

2011.04.06

イベント

短期集中講座「バーテンダー養成講座」を開講しました。
  主催 :ジャパンテーブルアーチストアカデミー
  講師 :鈴木隆行氏 *プロフィール  
  会場 :芝パークホテル別館1階 バーフィフティーン内 
  定員 :10名


鈴木先生は世界的にご活躍されている大変著名なバーテンダー。
直々に指導を受けられるのは本当に光栄かつ稀な機会です。
これも㈱芝パークホテルと主催のジャパンテーブルアーチスト
アカデミー校長・阪口恵子との長年の信頼と親交があってこそ。


阪口恵子による挨拶の後、3日間の集中講座が始まりました。
CIMG6657.JPGのサムネール画像


本講座の特徴はとにかく実習が多いこと!
だからこそ10名限定で、バーテンダーキットも最初に各自に
プレゼント。カウンターに座り、常に先生と対面しながら
手取り足とり・・・毎時間一人ひとりカクテルを作り上げて
いきます。
CIMG6655.JPGのサムネール画像
早速練習用にお米を入れたシェーカーを持って、基本の
「8の字シェイク」からスタート。
丁寧な指導を頂きながらも、見るのとやってみるのとでは
大違い。プロのシェーカーさばきとは程遠い、ぎこちない
動きに一同苦笑・・・それでも真剣です。


毎時間カリキュラムに合わせて、最初は鈴木先生による
デモンストレーション。
瓶を開けたり、ステアしたり、シェーカーを振ったり・・・
一つ一つの所作の美しさに一同うっとり。
CIMG6706.JPGのサムネール画像


そして出来上がるのは鈴木先生によるオリジナルカクテル
の数々。見た目の美しさだけではなく、今まで味わったこと
のない美味しさに一同ため息が・・・。
CIMG6689.JPGのサムネール画像
CIMG6692.JPGのサムネール画像
 
デモンストレーションの後はいよいよ実習です。
まずはカウンターから各自好きなお酒を選びます。
CIMG6700.JPGのサムネール画像
ラベルを見て、あっちを開けたりこっちを開けたり・・
あまりの種類の多さに迷いながらも、これも本講座を
だからこそ出来る贅沢なこと。


お酒が決まったらここからが本番!
自分なりの味を作り上げようと、先生方の指導を受けながら
カリキュラムに合わせて一人ひとりオリジナルレシピで
カクテルを作り上げていきます。
CIMG6684.JPGのサムネール画像


授業が進むごとにアイスピックで氷を削ったり、
CIMG6667.JPGのサムネール画像


ミキサーを用いてフローズンカクテルを作ったり、
CIMG6702.JPGのサムネール画像


飾りのフルーツをカットしたり、
CIMG6694.JPGのサムネール画像
どんどん上達していきます。


最後は卒業試験として各自卒業カクテル(オリジナルカクテル)を
作成しました。たった3日間ですが、これだけ作れるように
なりました!!
CIMG6720.JPGのサムネール画像
CIMG6719.JPGのサムネール画像
 

授業終了後は系列のパークホテル東京25Fのメインバーに
移動し、鈴木先生のご厚意により、修了式と卒業カクテル
パーティーが行われました。
CIMG6737.JPGのサムネール画像
手のかかる生徒たちを最後まで御指導頂き、
本当に有り難うございました!!
CIMG6726.JPGのサムネール画像


あっという間の3日間でしたが、
受講生の皆様いかがでしたでしょうか??
教えて頂いたことを思い出し、御家族・御友人に
是非オリジナルカクテルを作って差し上げて下さい♪

テーブルアーチストのワンポイントレッスン ~イベント・歳時で食卓を演出!~ (RYOKO)

2011.04.04

連載 ワンポイントレッスン

東京の桜も開花し、日に日に春らしい陽気となってまいりました。
来月5月5日はいよいよ端午の節句。
男の子の健やかな成長を願う大切な行事です。


今回のワンポイントは「ケーキ一つで楽しむ」。
大がかりなコーディネートをしなくても、ケーキとお茶で簡単に
歳時の演出は出来ます。


今回は、チョコレートクリームを巻いたロールケーキを
ほんの少~しアレンジして、鯉のぼりを作ってみました!
CIMG6744a.jpgのサムネール画像

作り方は簡単♪一方の端を三角形に切り落として、
溶かしたチョコレートで目とウロコを書いただけ。
目の部分には少しだけココアパウダーを振っています。
作る時間がなければ、市販のロールケーキでも構いません。


ケーキの下には・・・実はもう一匹お魚が。
イタリアンな器を使ってこんなサプライズも楽しいですね。
CIMG6756a.jpgのサムネール画像


チョコレートが余ったら、盛り付けたお皿もアレンジして
みましょう。
ゴールデンウィークの午後のひと時、ケーキ一つで
楽しんでみてはいかがでしょうか??

1

カレンダー

PAGE TOP