ColorでおいしさUPUP! 美味しい色のテーブルレッスン(J.Kumiko)

2011.06.26

連載 食と色

赤いバラの花はなんであんなに美しいのだろう・・・?
それは、赤と緑の色のバランスがとても良いから 
お互いの色のよさを引き立てている。
バラの花そのものも美しいが、茎や葉の緑色が加わることで
花の美しさが増し、生き生きとした生命力を感じる。
自然の中の色の組み合わせは素晴らしい


CIMG3218.jpgこれをお料理であらわしてみると・・・
トマトの赤 バジルの緑 モッツァレラチーズの白
イタリア料理で人気のカプレーゼ
盛り付け方を少しアレンジしてみると。。。

CIMG3254.jpgスティックに刺せば パーティーに便利♪
黄色のレモンを前に添えて見ると・・・
酸っぱい爽やかさ (味覚) と黄色の明るさ (視覚)
で食欲が出る。

CIMG3235.JPG子供も一緒に楽しめる 双子のトマト姫
赤のおちょぼ口がにっこり微笑み
赤と緑のコントラストが何とも言えない可愛らしさ

CIMG3245.jpgどれも 赤・緑・黄で美味しそう~♪
食欲をそそる色とは、
やはり暖色系の 赤・オレンジ・黄色 が多い。
中性色の緑も、もちろん美味しさを増す色に入る。
熟した真っ赤なトマトは栄養もたっぷり
そのメインの食材の反対の色や,補色を同時に使うと
より一層、それぞれの色を引き立てて美味しそうに感じる。


それでは、和食だったら・・・ お刺身にシソの葉・パセリ
・・・でも それが無かったら 

CIMG3202.jpg美味しそうに見えない、、、
どうしてだろう・・・・・?
白いお皿に 白い大根のツマ 白いホタテに 赤身のマグロ
白と赤だけだと  やはり何か足りない気がする
2色では色みが少なく、物足りない


少し緑が入ると マグロもイキイキ!!
それぞれの食材の間に緑が入り 赤も白も引き立てている

CIMG3204.jpg
いやいや 黄色の力でもっと美味しそうに
黄色は鮮やかな明るい色 お料理の上にアクセント!!
この色があるだけで お刺身の新鮮さもグッとアップ↑
黄色のまわりまでが鮮やかに見えてくるから不思議・・・
色彩マジックのようだ。


CIMG3207.jpg
食卓の色はとても大切
視覚からの情報は自律神経を刺激し
美味しそうだよ~という情報を脳に送る
色は何も言わないけれど 色々なメッセージを送っている
食欲が無くても、赤・緑・黄  色から元気をもらって
夏を乗りきらなくてはね♪

テーブルアーチストのワンポイントレッスン ~イベント・歳時で食卓を演出!~ (RYOKO)

2011.06.03

連載 ワンポイントレッスン

とうとう6月。今年も半年が過ぎようとしています。
そして・・・嫌な梅雨の時期がやってきました。
暑くてじめじめうっとうしい時期だからこそ、目にも舌にも
爽やかな食卓を用意し、気分をすっきりさせましょう!


来月7月7日は、五節句の一つ「七夕」。
都心では当日なかなか耀く星空を見ることが出来ませんが、
天の川を舞台にした織姫・彦星の物語を考えると、
なんだか心がわくわくしてきます。


今回のワンポイントは「行事食で祝う」。
日本の行事・歳時・祭りには必ず、伝統的な祝いの食があります。
それをメインに、ほんのちょっと食卓を演出すれば、素敵な祝いの
食卓の完成です!


七夕の行事食といえば「素麺」。
素麺の流れる様子が天の川を想像させるという説や、
素麺1本1本を機織りの糸とみなしているといった説から、
七夕の行事食となりました。
白い素麺もいいですが、七夕の風習にのっとり、
五色の短冊と同じ、五色素麺を頂いてはいかがでしょうか。
CIMG6875.JPGのサムネール画像


素麺の下に笹の葉を敷いて、盛り付けも七夕を意識して
みましょう。
竹ザルと透明ガラス、新鮮な笹の葉が目にも涼しげ。
その上に広がる五色の淡い色合いが、日本の風情を
感じさせてくれます。


五色素麺が手に入らなければ、白い素麺に四色の具材を
用意してもいいですね。
CIMG6890.JPGのサムネール画像


最近、かわいい手ぬぐいが沢山売っています。
それを一枚、テーブルランナーとして食卓に敷いてみましょう。
今回は七夕の植物「笹竹」の柄を選択。たった一枚の布が食卓の
雰囲気を盛り上げてくれます。それでいてとっても簡単!


その上にどーんと素麺をのせて、冷やしたビールとグラスを
用意。あっという間に七夕の食卓の完成です!!!!
CIMG6885.JPGのサムネール画像


今夏は節電を考え、キャンドルを活用してみましょう。
ゆらゆらと揺れるキャンドルの炎は、気持ちを落ち着かせて
くれるだけではなく、人の心に涼しげな印象も与えてくれます。
水に浮かぶ透明なフローティングキャンドルを用いれば
涼しさ倍増です!
CIMG6872.JPGのサムネール画像


また、テーブルコーディネート、食卓演出というと必ず
「花を飾らなきゃ!」と思っていらっしゃる方も多いようですが、
コーディネートはコーディネートする人の"感性"の問題。
決まりはありません。


インテリアショップや文具売場に素敵なカードがたくさん
売っています。お花の代わりにカードを1枚飾るだけでも、
季節感や歳時の印象がぐっと高まり、食卓を楽しく演出出来ます。
一言メッセージを添えて、最後にプレゼントしてもいいですね。
CIMG6865.JPGのサムネール画像

お箸はお祝いらしく、「ハレの箸(柳箸)」を使いましょう。
丸くて白くて両細の祝箸は、正月だけではなく、五節句、
婚礼・・・と祝いの席で用いるお箸です。
CIMG6867.JPGのサムネール画像

沢山の料理と豪華なコーディネートを考えなくても、
ほんの少しの工夫で行事の食卓は出来上がります。
日常の中からヒントを見つけて楽しんでみましょう。

1

カレンダー

PAGE TOP