豊かな食空間のために~空間のことあれこれ興味津々!

2011.10.12

連載 食空間

最近、某マヨネーズの宣伝で、福山雅治さま☆彡が、
「新鮮な野菜をライスペーパーで巻くだけ...片手で食べるサラダ...」とクールに決めているコマーシャルを見たことありませんか?
福山さま☆彡ばかり見ていないで、ちょっと背景の建物にも目を向けてみて下さい!

028.JPG

この建物は、建築家フランク・ロイド・ライト(1867-1959)の代表作で、アメリカ・ペンシルベニア州にある、『落水荘』という邸宅です。

フランク・ロイド・ライトは、ル・コルビジェ、ミース・ファン・デル・ローエと共に、『近代建築(モダニズム建築)の三大巨匠』と呼ばれています。

作品の特徴は、

 建物の高さを抑え、水平線を強調した佇まい
 部屋同志を完全に区切らず、開放的な空間
 屋内と屋外の一体化
 人間的なスケール感
 自然の素材や地元の素材
 暖色系のアースカラー
 様々な部分に展開される、幾何学的な形状  など


日本にもいくつか作品を残しています。


有名なのは、『旧帝国ホテル』。
玄関部分が愛知県犬山市の明治村に移築されています。

025.JPG


都内でも見ることができます。
池袋にある、『自由学園・明日館』。

03.JPG


ホールには、ライトの特徴である幾何学模様の美しい窓があります。


04.JPG

この建物は、ライトと、帝国ホテル設計でライトの助手をした遠藤新によって設計されました。

自由学園は1921年、「生活の全てが学びである。」という考えの基、羽仁夫妻によって創立されました。
全校生徒が集まり、自分たちで作ったあたたかい昼食をいただくことが、羽仁夫妻が願いだったそうです。
そのため、食堂が校舎の中心に配置されました。

05.JPG

食堂の家具は、遠藤新のデザインです。
彼は、限られた予算の中で悩んだあげく、あるコスト削減の工夫を思いつきました。
写真が小さくて分かり難いかも知れませんが...


06.JPG

椅子やテーブルにスリットを入れ、木材の使用量を減らすようにしたそうです。


このようなことも含めて、
この建物には、今時の建物にはない情緒がいっぱいです。
「みんなで食べることが大切」という考えを明確に表現した平面構成、学校というにはこじんまりと感じるほどの人間的なスケール感、そして、なんともいえない温もり...

涼しくなり、お散歩にはもってこいの季節 たまには、素敵な空間を体感しに出かけてみませんか!!                    
ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒 認定講師
テーブルアーチスト
食環境トータルプロデューサー
鈴木 久美子

テーブルアーチストのワンポイントレッスン ~イベント・歳時で食卓を演出!~

2011.10.06

連載 ワンポイントレッスン

食欲の秋!
秋刀魚、松茸、果物・・・秋の味覚を堪能していますか??


秋に食べ物が美味しいのは日本だけではありません。秋の気配
と共に、世界各地で農作物の収穫が始まり、様々な収穫祭が
行われます。
ヨーロッパでは、11月にはジビエやボジョレ・ヌーボーも
解禁。アメリカでは国をあげて「感謝祭/サンクス・
ギビング・デー(その年の収穫に感謝する日)」を祝うなど、
世界中どこでも収穫と食べ物に感謝し、いつも以上に食を
楽しむ季節なのです。


今月のワンポイントは「クロスで楽しむ」。
テーブルクロスを使う習慣がまだまだ薄い日本では、敬遠
されがちなテーブルアイテムですが、実はクロスほど簡単に
楽しめるテーブルウェアはありません!


クロスを1枚敷くだけで食卓が食事の風景へと変わるだけ
ではなく、大きい面積を占めるからこそ、色や柄を変える
だけでテーブルのイメージをガラリと変えることが出来ます。


今回は、少し華やかなフランス製のテーブルクロスを選び
ました。秋色にフルーツ柄。色々な色が入っているからこそ
上に合わせるテーブルウェアは何色でも構いません。
また、柄・色のどの部分にポイントを置くかで、何パターン
にも楽しめます。
CIMG7064.JPGのサムネール画像


今日は黄金色の食卓。収穫にちなんでカゴいっぱいに
ブドウを飾り、秋色のプレートとブドウ酒(ワイン)で
フランス映画を見ながら?JAZZを聞きながら??
秋の週末、ちょっと贅沢なひと時を過ごしましょう。
CIMG7057.JPGのサムネール画像


最後にちょこっと撮影の裏側をお教えします!
ブログやカタログ用に写真を撮る時には"見える部分"
だけを素敵に考えましょう。
写らない部分は見えないのですから(笑
背景に写っているブドウも、中はこんな感じに仕上げました。
CIMG7066.JPGのサムネール画像


    ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒業 認定講師
                    テーブルアーチスト
               食環境トータルプロデューサー
                        西堀 怜子

パン de ハッピー!~パンが香る幸せなテーブル~ (N.Mariko)

2011.10.03

連載 パン

あなたはご飯党ですか?それともパン党?
毎日の朝ごはんは、必ずご飯!という、純・日本人の人も、
パンが焼ける香ばしい香りがしてくると、思わず
「おいしそう!食べたい!」という衝動にかられるのではないで
しょうか?
こんがりきつね色に焼けたパン、ふわふわのやわらか白パン、
ザクッと素朴な口当たりのパン、あまーい誘惑、お菓子のような
パン・・・焼きたてのパンには、その香りとともに、人を笑顔に
してくれる不思議な魅力がありますね。


実際に自分でパンを焼いている人も、おいしいパン屋さんを探す
のが得意な人も、ただ、とにかくパンが好き!という人も・・・
パンを愛するすべての人に、おいしい手作りパンのご紹介と、
そのパンをさらにおいしく頂くための、幸せなテーブルへとご案内
いたします!


さて、この季節の行事と言えば、10月31日の"ハロウィン"。
かぼちゃを使ったお菓子やお料理を召し上がると思いますが、
粒ジャムという新素材を使って、味にアクセントをつけた
「かぼちゃのメープルブレッド」はいかがでしょう?
「粒ジャム」はその名の通り、ジャムが固い粒状になったもの。
パンやお菓子の生地に混ぜて焼くと、いい具合に溶けて、
チョコチップなどとはまた違った、しっとりした食感になります。
いちご、ブルーベリー、はちみつ等、いろいろ出ていますが、
今回使うのはかぼちゃのペーストを練りこんだパンにぴったりの、
メープルシロップの粒ジャムです。


★メープルシロップの粒ジャム★


粒ジャムはシンプルなパン生地より、かぼちゃのペーストなどが
入ったリッチでコクのある生地の方が、より粒ジャムのおいしさが
引き立ちます。


型はパムニールという、ポプラの木から作られた木型を使って、
かわいく焼き上げます。高温のオーブンに入れて焼いても
焦げたりしません。耐熱ペーパーを敷いて焼きます。
もちろん、パムニール型がなければパウンド型でも焼けます。

P1040130.JPGのサムネール画像


★今回使用するパムニールのサイズ★
上部: 縦175 × 横110 × 高さ60(㎜)
底部: 縦125 × 横70(㎜)


かぼちゃのメープルブレッド

P1040137.JPGのサムネール画像


<材料>(パムニール型、もしくはパウンド型1本分)


強力粉        225g
ドライイースト    小さじ1と1/2
砂糖         大さじ2
かぼちゃ        60g(種と皮を取り除いて)
粒ジャム(メープル)  40g
牛乳         150~160cc(かぼちゃの水分量に
                    よって増減する)
塩          小さじ2/3
無塩バター      30g


<作り方>
①かぼちゃは種と皮を取り除き、1.5cm角に切り、
 耐熱容器に入れてラップをかけ、電子レンジにかける。
 熱いうちに、すりこぎ等でつぶしておく。
②ボウルに強力粉1/2、砂糖、イースト、①を入れ、
 人肌に温めた牛乳を加えて木べらで混ぜる。


★かぼちゃに少々皮が残っていても大丈夫!★

P1040127.JPGのサムネール画像のサムネール画像


③残りの粉、塩、無塩バターを入れてさらに混ぜ、
 台の上に取り出してなめらかになるまでこねる。
④台の上に生地を広げて、粒ジャムをのせ、巾着のように
 包んで、まんべんなく粒ジャムが行きわたるように手で
 もみこむ。

P1040128.JPGのサムネール画像


⑤丸めてボウルに戻し、ラップをして温かい所で一次発酵させる。
 (30分)


★表面がきれいになるように丸めなおします!★

P1040129.JPGのサムネール画像


⑥3等分して丸めなおし、キャンバス地、その上にぬれ布巾を
 かけて、ベンチタイム(約15分)。
⑦丸めなおしてパムニール型に入れる。キャンバス地、その上に
 ぬれ布巾をかけて仕上げ発酵させる。(25分)
 オーブンを予熱しておく。
 (電気オーブン180℃/ガスオーブン170℃)
⑧仕上げ発酵終了(写真下)。
 焼成。(電気オーブン約25分/ガスオーブン約20分)


★表面に粒ジャムが出ていたら、とじ目側に押し込みます★

★粒ジャムがそのままだと溶けずに硬いまま残ってしまいます★

P1040133.JPGのサムネール画像のサムネール画像


出来上がったら、このままラッピングをしてプレゼントにもできます!

P1040136.JPGのサムネール画像


いつものテーブルマットにジャック・オ・ランタンやこうもりの
フェルトの型抜きを貼って、ハロウィンを楽しんでみては?

P1040169.JPGのサムネール画像


かぼちゃのペーストのおかげで、とってもソフトに焼き上がり、
朝食はもちろん、お腹がすいた時のおやつにもぴったり!
焼いた次の日でも、ふんわり、おいしく頂けます。
飲み物はカフェ・オ・レ、ミルクティーがおすすめ。
ミルクにもよく合います。
「かぼちゃのメープルブレッド」ぜひ、お試しくださいね!


     ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒 認定講師
              テーブルアーチスト 中出真理子


1

カレンダー

PAGE TOP