チェック!~今☆これが流行中~

2011.11.15

連載 流行

ロイヤルウェディングを筆頭に、来年のオリンピック開催など今「ロンドン」に世界中が注目!ファッション業界でも英国調のチェック柄やレトロヴィンテージなどが流行しているらしく、雑誌でも特集をよく目にします。


先日、梅田の百貨店で「英国フェア」が開催され早速行って来た処、土曜日ということもあり会場は熱気にあふれ大盛況。なかでもお菓子や紅茶は試食できるということで特に人気でした。あまり日本では、見かけないグッズや食器、造花、カード等どれも欲しいものばかり・・・。特に心惹かれたものは、フェアリー(妖精)のセンターピース(テーブルコーディネートをするときに中央に置く装飾品)やナプキン、カップケーキのグッズなど。        
DSC0001.jpg


英国人にとって「紅茶」は日々の生活に欠かせないもの。朝日と共に目覚め、一番にいただく「アーリーモーニングティー」。そして、マーマレードと薄焼きトーストが欠かせいボリュームたっぷりの朝食と共に用意される「ブレックファーストティー」。一日の生活がスタートし、学校やオフィスでクッキーやビスケットと共に「イレブンジィズ」と呼ばれる11時頃にブレイク(休憩)していただくティータイム。


午後からは、最もエレガントで伝統的な「アフタヌーンティー」の時間。サンドイッチや焼き菓子、ケーキなどを3段のケーキスタンドで、また焼きたてのスコーンも欠かせないお菓子。ジャージー種の乳牛からとれる濃厚なミルクで作ったクロテッドクリーム(日本でも有名百貨店や輸入食料品店で入手可能)とジャムを添えます。優雅にホテルでいただくのもいいですが、地方では、クリームティー(スコーンが主役で、紅茶とセットになったもの)が定番で、それぞれのお店でこだわったスコーンや提供の仕方があるらしく、ぜひ一度クリームティー三昧の旅をしてみたいもの。あと夕方にお料理やお酒と一緒に出される「ハイティー」。しめくくりは、食事のあとに出される大人の時間を楽しむ「アフターディナーティー」で長い一日が終わります。


楽しいティーパーティーを開いてみませんか?たまにはママたちも子供たち抜きで優雅なお茶の時間を過ごしたいのもの。気軽に楽しめるカジュアルな「クリームティーセット」は、そんな時にピッタリです。今回は、ウエッジウッドのティー碗皿にさわやかなグリーンのワイルドベリーの地模様の入ったテーブルクロスで演出。焼きたてのスコーンにクロテッドクリームとジャムを添えて、お紅茶と一緒に!


☆クリームティーセット
DSC0002.jpg


☆クロテッドクリーム
DSC0003.jpg


学生の女の子たちは、お友だちと集まるのが大好き!今、ロンドンで流行中のカップケーキに生クリームや砂糖菓子のトッピングなど自分たちでアレンジをしながらガールズトークに花が咲きます。女の子らしいピンクのテーブルクロスにハートやお花を散りばめて。


☆ハートフルなティーパーティー
DSC0004.jpg


小さい女の子たちのお集まりに英国で愛されているフェアリー(妖精)たちをグリーンのタータンチェック柄のテーブルクロスの上に登場させます。食器も取り扱いやすいプラスチック製のピンクのカップ、ソーサー、フォーク&スプーンを使用。2段トレイにはアイシングでトッピングしたカップケーキ。好きなフェアリーのピックを選んでもらい、可愛いものが大好きな女の子たちは大喜び!


☆フェアリーたちのティーパーティー
DSC0005.jpg


ファッション界では、流行の「ロンドン」を全面に取り入れるのではなく小物などでさりげなく演出するのがオシャレのコツだとか・・・。テーブルコーディネートにも英国ブランドの食器、タータンチェックのテーブルクロス、リバティプリントのマットなどで英国のエッセンスを加えてみました。ぜひ楽しいティーパーティーを!


ジャパンテーブルアーチィストアカデミー卒 認定講師 
テーブルアーチスト                              
フードコーディネーター 数藤晶子
 

Styleのある暮らし   ~『Styleのある暮らし』を日常に~

2011.11.14

連載 インテリア

インテリア=(イコール)デザイン・色・形などといったカッコいいもの、おしゃれなものといったイメージがあると思いますが、住まう人のライフスタイル、ライフステージによっても大きくインテリアの意味合いは変わってきます。

そこに住まう人によって心地よさは違うもの。
住まう人にとって良いデザインかどうかは変わってくるものです。


蔵のある家を建て替えることになったお施主様の場合、
旧家を訪ねると、2間続きの和室には立派な床の間があり、欄間や書院の小障子には、現在ではとても希少価値のある精巧な細工が施されていました。
長い時間を刻んだ歴史を感じる繊細な書院の小障子は、新しい玄関ホールのアクセントとして生まれかわりました。

全てを新しくするのではなく、思い入れの深い材は、なるべく再利用出来るように考えます。

DSC01126.JPGのサムネール画像


次は色にこだわった住まいです。

大好きなものにかこまれて住まいたいというご希望でした。
真っ黒な壁に天井、ブリーチされた白い床。
黒色は光を吸収してしまうので照明計画は照度が取れにくいため大きなスタンドで直接ソファ周りを照らします。

メインのリビングルームには、鮮やかなパープルのソファ。
ショールームでたくさんの張地から選びました。
はるばるイタリアから半年かけて届いたなんとも素敵なカラーリングのソファです。

写真では、クッションは4つしか映っていませんが、たくさん並べるのがトレンドです。
雑貨屋などでもファーを使ったもの、キルティングされたもの、素材も革、編み物など様々な商品が揃います。
季節によって変化を付けやすいクッションカバーをインテリアのアクセントにしましょう。

DSC05862.JPGのサムネール画像

こちらはモデルハウスのインテリア。

たくさんのお客様を招いてパーティーが出来るようなリビングに続く大きなダイニングテーブルが特徴です。

近頃は、リビングとダイニングがひと続きでキッチンもオープンなプランが多いです。
自宅で料理教室やアレンジフラワーのお稽古など『おうちサロン』も増えています。
その際キッチン周りの動線はもちろん家電の位置、食器や花器類など収納は十分かなどきっちり計画が必要です。

DSC1150.jpg

DSC1151.jpg


最後は建築家・安藤忠雄先生の作品のひとつ六甲の集合住宅。
海に山に広がる贅沢なロケーションです。
内部の写真撮影はNGのため、外観だけですが、おそろいの簾のような窓装飾は造りつけ。
細部にまでこだわりを感じました。
安藤忠雄先生のプライベートルームも見学させていただきました。
愛犬コルビジェの写真と奥様の写真が飾られたお部屋がとても素敵でした。

DSC05901.JPG

DSC05903.JPG


まだまだ思いのつまったインテリアがたくさんありますがまたの機会に。

それぞれの暮らし、年代、生活スタイルによってぴったりのインテリアがあるのです。
インテリアを考えるヒントになるような、そんなStyleのある暮らしについて綴っていきたいと思います。
 

ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒業 認定講師
テーブルアーチスト
インテリアコーディネーター
近藤 京子

テーブルアーチストのワンポイントレッスン ~イベント・歳時で食卓を演出!~

2011.11.13

連載 ワンポイントレッスン

ハロウィンが終わると、デパート・商業施設etc.街中が大忙し。そう、クリスマスシーズンがやってきました!!


毎月さまざまなイベントがありますが、一年の終わりにやって来るクリスマスはやはり格別ですよね。クリスマスイルミネーションを見たり、クリスマスソングを聴くだけでなく、親しい人と集まり、パーティーをしたくなるシーズンではないでしょうか??


デパ地下の惣菜、ケータリング等の充実に加え、パーティールームを備えるマンションが増えるなど、ホームパーティーがしやすい環境が整い、需要はどんどん増えています。
世界中のクリスマスのお菓子も、スーパーやインターネット等で簡単に手に入るようにもなりました。
CIMG6062.JPGのサムネール画像


今回のテーマは「簡単にお洒落に!」。
テーブルコーディネートというと、花を飾るのが定番ですがアレンジが苦手という方も多いですよね。そこで、ヒイラギの葉と赤い実、ガラスのシンプルな花器(なければ大きめのコップ)を用意。それぞれ枝からはずし、あとは自由に積み入れていくだけ。ぎっちり積めたり、ゆとりを持たせたり、各自の感性で楽しみましょう。
CIMG7118.JPGのサムネール画像

余った葉をホチキスで留めて丸くするだけで、おそろいのナプキンリングも出来上がり。ナプキンがなければ、大判のハンカチでも構いません。
CIMG7110.JPGのサムネール画像


家庭であれば、なんでも自由に楽しめるのがコーディネートの面白さ。器の柄を元に、オリジナルのメニューカードを作ってみましょう。大きな松ぼっくりはカードスタンドとしても用います
CIMG7112.JPGのサムネール画像


赤、緑、金、銀がクリスマスカラーの定番ですが、あえてターコイズブルーとブラウンの器を選び、色に変化を与えることで、人に新鮮な印象を与えます。柄物の器は、それだけで食卓を華やかにしてくれるので、パーティーには特にお勧めです!


クロスを敷いて、カトラリー、グラスを並べ、あとは以上のモノを並べていくだけ。
CIMG7104.JPGのサムネール画像


パーティーは冒険心!まずは食器棚を見直し、普段は使わない器に挑戦することから初めてみましょう!!


ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒業 認定講師
テーブルアーチスト
食環境トータルプロデューサー
西堀怜子

Love color ~色を使ってHappy life~

2011.11.01

連載 カラー

DSC04661.JPG


第一印象が決まるのは、出会ってからたったの7秒!

「この人素敵!」と思ったり、何だか話しにくそうだったり・・・。

実は、その第一印象には「色」の効果が大きく関わっています。

「色」はお互いに影響し合っているため、隣り合った色によって、同じ色でも違って見えます。

この不思議な現象を上手く利用して、自分の魅力を最大限に引き出してくれるのが「パーソナルカラー」(自分色)なのです。

似合う色を身につけると、お肌は綺麗に若々しく見え、表情は輝きます。

花嫁さんにもこの効果を取り入れて、ドレス選びに生かしていただきたいですね。

そこで、先日のブライダルフェアでは、新郎新婦のパーソナルカラーを診断させていただきました。

本来の診断は、お1人に90分ほどかかりますが、イベントでは簡単な方法のクイック診断で、たくさんのお客様を見ていきます。

似合う色やイメージがわかれば衣装が選びやすくなり、それを会場演出にも反映させる事で、統一感のあるブライダル演出へと導くことが出来ます。


パーソナルカラーにおける色は、シーズンに例えて春・夏・秋・冬の4つの系統に分けられ、それぞれのグループの特徴があります。

生まれ持った肌や髪などの色がどのグループに属するかを調べ、相性の良い色を見つけるのです。


下記にシーズンの特徴を簡単にご説明します。


MP900443107.JPG
春の季節をそのまま映し出したような
明るいイメージ。
黄みを帯びた鮮やかで明るい色グループ。
イメージはキュート。


MP900223826.JPG
紫陽花のお花のようなニュアンスある色合い。
青みを帯びた、やわらかなパステル調。
イメージはエレガント。


MP900200950.JPGのサムネール画像
紅葉した葉っぱや秋の風景を思わせる色。
黄みを帯びた深い色合いの色グループ。
イメージはシック。


MP900400265.JPG
まぶしいホワイトの雪景色に鮮やかなスキーウエアやモノトーンなどクールでメリハリの効いた配色。
青みを帯びたとても鮮やかな色グループ。
イメージはシャープ。


パーソナルカラーに限らず、色の効果は私たちの日常生活に計り知れない影響を与えています。
似合う色・好きな色に囲まれて毎日をハッピーに過ごしたいですね。



ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒 認定講師
テーブルアーチスト 高岡美奈子

1

カレンダー

PAGE TOP