「ColorでおいしさUPUP! 美味しい色のテーブルレッスン」

2012.02.26

連載 食と色

2月も終わりに近づき、今年の冬は寒かった・・・
雪の深い地方の方は大変だったと思います。

yukidaruma.jpg
最近はお日様の温度で少し春を感じることもありますが
まだまだ寒いです

CIMG4704.jpg

こんなときはやはり視覚から春を感じるのがいいですね
春を感じる色とは 薄いピンクの桜色や萌黄色のつよい黄緑
桃の花の色 菜の花の色 花の色が多いでしょうか・・・

Image193.jpg

平安時代には多彩な配色により優美な色名がたくさん生まれました
梅 梅重 裏梅 紅梅匂 早蕨 壺菫 薄花桜 桜
かさねの色目は、1枚の袷(あわせ)仕立ての衣の裏表を言いましたが

後にはその衣を何枚も着て表わされる十二単などの配合色も
(襲の色目)と呼ばれました。
3月3日の 上巳の節句  
お雛様の襟元などの襲の色目、春らしく綺麗ですね

CIMG4719.jpgCIMG4706.jpg

2色の重ねの色目・・・梅は 表・白   裏・蘇芳(すおう)
・・・・・・・・・・桜は  表・白  裏・赤花(あかばな)
そして 桃の節句  
・・・・・・・重ねの色目 桃は  表・淡紅 裏・萌黄

CIMG4676.jpg

そんな春の色をテーブルマットにして和菓子をのせると・・・
ほんわか暖かな春の午後のお茶会
お雛様を見ながら日本の春を感じてみてはいかがでしょう。。。

CIMG4682.jpgCIMG4680.jpg

ホーホケキョ。。。。。鶯の鳴き声が聞こえてくるようです♪


ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒 認定講師

テーブルアーチスト  陣出久美子

カレンダー

PAGE TOP