チェック!~今☆これが流行中~

2012.09.16

連載 流行

9月も中旬、朝夕はめっきり涼しくなり秋の気配が感じられます。これからの季節、いろいろな行事があり、美味しい旬の食べ物も楽しみですね。気の合うお友達との食事や自宅でおもてなしをする機会が増えるのではないでしょうか?


でもテーブルコーディネートは大変だと感じている人も多いはず・・・。そんな時の救世主、100円ショップのおもてなしに使える食器や雑貨が最近どんどん進化しており、おしゃれなミセスの間でも気軽に楽しくコーディネートできると流行しているようです。


今回は、100円ショップのグッズをコーディネートしたものをいくつかご紹介します!


*フレンチスタイルのコーディネート


・100円ショップのグッズ
 カフェオレボウル、ミニジョーロ、ガラスのエッフェル塔、
 木製スプーン、レースのコースターなど。
001.jpg


・ナチュラルなフラワーアレジメント
 トルコききょう、スプレーバラ、スプレーカーネションなど。
002.jpg


・手作りのランチョンマット
 絵柄がフレンチっぽい包装紙を台紙に貼り、
 レースのテープを四方に装飾。
 011.jpg


・女友達との楽しいお茶会
 カフェオレ、マカロンなどの焼き菓子で。
003.jpg


*ハロウィンのコーディネート


・100円ショップのグッズ
 グラタン皿、鍋敷き、かぼちゃ型の取っ手付きカップ、
 ガラスコップ、スプーン、フォーク、ペーパーナプキン、
 木のボウル、かぼちゃの置物LEDライト、オーナメントなど。
004.jpg


・手作りのランチョンマット
 オレンジの画用紙にコウモリのオーナメントを型どったものを
 貼り付け、ペーパーナプキンをはさむ。
006.jpg


・LEDランプ
 黒猫とかぼちゃのオーナメントをライトに貼り付ける。
005.jpg


・家族でハッピーハロウィンパーティー
 かぼちゃの置物、菓子袋


・メニュー
 かぼちゃときのこのグラタン、ミニサラダ、パンプキンプリン
007.jpg


*お月見のコーディネート


・100円ショップのグッズ
 キューブ型ガラス、花器、コースター、黒の菓子器、
 黒の鍋敷きなど。
008.jpg


・LEDランプ
 キューブ型のガラスに紫の懐紙を入れ、ライトを点灯する。
 格子の黒の鍋敷きに団子がくっつきにくい葉っぱの形の
 和紙を敷き、15個のお団子を並べ、下からライトアップさせる。
009.jpg


・十五夜にゆっくり一人で過ごす ティータイム
 花器にすすき、秋の七草の桔梗を生ける。
 ランプ、うさぎの置物、お団子とグリーンティー
010.jpg


今回、私がグッズを探しに出かけた100円ショップの「ナチュラルキッチン」は、店内のディスプレイも素敵で、コーディネートの参考になるはず!
他の100円ショップも今、ハロウィンのグッズなど可愛いものがでていますので、ぜひ一度足を運んでみては、いかがでしょうか。


ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒
認定講師
テーブルアーチスト
フードコーディネーター   数藤晶子 
    

Styleのある暮らし   ~『Styleのある暮らし』を日常に~

2012.09.15

連載 インテリア

暑い夏も過ぎ、ようやく過ごしやすい季節となりました。
今回のテーマはこれからの観光シーズンに向けて、私が大好きなお勧めスポットを紹介させていただきます。

最初は佐川美術館です。
水庭に浮かぶように建物が並び、とても穏やかな時間の流れる美術館です。

DSC02075.JPG


【平山郁夫館】
誰もが知っている日本画家ですね。
「平和の祈り」と名付けられたこちらは常設展となっており、展覧会テーマに合わせた作品が60点ほど見ることが出来ます。


【佐藤忠良館】
「ブロンズの詩」と名付けられたこちらは彫刻を中心に、とてもアルな子供像、女性像などの作品が常設展示されています。


【樂吉左衞門館】
3つの建物の中で1番興味深く鑑賞したのはこちらです。
地下に作られた展示室は、「守破離(しゅはり)」をコンセプトに、作品がいかに美しく見えるのかを考え、作家 樂吉左衞門先生自身が設計を考え監修されたとのこと。
照度を落とした暗闇に茶碗がふわっと浮かび上がる姿は素晴らしいです。


DSC02084.JPG


DSC02087.JPG


DSC02090.JPG


そして、なんといっても最大の見どころはこの樂吉左衞門館に併設されたお茶室です。
写真撮影は厳禁なので内部の写真は有りませんが、最後に冊子を頂けます。(購入したかもしれません。。。)


IMG_1383.JPG


水面と同じ目線に座るので、不思議な気がしました。
私が訪れたのは9月でしたので、まだ目の前に広がるヨシとガマが緑で綺麗でしたが、冬枯れの季節、雪の中の景色はまた幻想的で美しいことでしょう。
私も機会があれば、季節ごとに訪れたい場所です。


DSC02098.JPG


DSC02101.JPG


DSC02081.JPG


佐川美術館
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/


佐川美術館と一緒に行っていただきたいのが、MIHO MUSEUMです。
山道を登りトンネルと橋を通り抜けるとMIHO MUSEUMは建っています。
自然と一体化したMIHO MUSEUMは設計者I.M.ペイの桃源郷への思いが込められた。とのことで納得です。


DSC02124.JPG


DSC02122.JPG


I.M.ペイは、ルーブル美術館のガラスのピラミッドを設計したことで有名です。


DSC02115.JPG

DSC02118.JPG

建物はかなり豪華で好き嫌いが分かれる様な気もしますが・・・


宗教団体の会主・小山美秀子(こやま みほこ)氏のコレクションを集めた美術館ということでした。
美術館の名称は名前からだったんですね。


インド、パキスタン、エジプト、ローマ他、世界中から集められたコレクションは大変見応えがありました。
展示数もかなり多いので時間があっという間に経ってしまいました。


ミュージアムショップでは、ずっと探し続けていたガラスで出来たオブジェと出会い感激したのです。


私たちは、時間もなく広すぎるので片道はカートに乗って移動をしましたが、ゆっくり草木を見ながら歩けますので1日かけてゆっくりするのもいいでね。
添加物の入っていない美味しいパンも売っていました。


DSC02112.JPG


いたるところにオブジェがあります。


DSC02125.JPG


MIHO MUSEUM   
http://www.miho.or.jp/


最後は東京の原美術館です。


IMG_0082.JPG


IMG_0083.JPG


東京に行くたびに必ず訪れるようにしており、大好きな美術館のひとつです。
結構、東京在住の知人も知らなかったりします。

品川駅から歩けるそうですが、私はいつも時間に追われているのでタクシーで行ってしまいます。現代美術の楽しさを教えてくれた美術館です。


普段は写真撮影厳禁なのですが、ジャン=ミシェル オトニエルの企画展の時は作家さんの意向で撮影可能でしたのでその時の写真を一部ご紹介します。


DSC08713.JPG


DSC08765.JPG


DSC08771.JPG


DSC08775.JPG


DSC08814.JPG


DSC08816.JPG


参加型のイベントにて。
平面が立体に見える!!不思議!


DSC08821.JPG


常設展示には、奈良 美智氏の仕事場を再現した部屋などもあり、企画展と共に毎回楽しみです。
ミュージアムショップでは、よそで手に入らない小技の効いたお土産が見つかります。


原美術館
http://www.haramuseum.or.jp/


他にもお気に入りの場所は有りますが、またの機会に。
食欲の秋、芸術の秋、お休みの日に遠出をしてみませんか?

ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒業 認定講師
テーブルアーチスト
インテリアコーディネーター
近藤 京子


テーブルアーチストのワンポイントレッスン ~イベント・歳時で食卓を演出!~

2012.09.15

連載 ワンポイントレッスン

先月8月、1ヶ月のうちに2度満月が起こる「ブルームーン」という珍しい月が話題になりました。月ははるか昔から、神秘的なものとして崇められ、特に農耕民族である日本人は、月の満ち欠けを重要視してきました。


日々満ち欠けを繰り返す月ですが、旧暦8月15日は「中秋の名月」と呼ばれ、お月見(月の鑑賞)を行う風習があります。


そこで、今月のテーマは「お月見」。
ワンポイントは「簡単ビュッフェ」。


家でビュッフェ!?と思うかもしれませんが、実は準備がとても簡単ながら、非日常的なワクワク感を感じることが出来ます。ススキや団子を飾り、秋の収穫物をお供えするのがお月見の風習であり一般的ですが、現代的にアレンジして楽しんでみましょう。


黒いクロスを敷き、黄色のディナー皿を二段スタンドに置くだけで、暗闇に浮かぶ満月のよう。スタンドは狭い場所を有効に使うことが出来、とても便利なもの。今回は、上におつまみ、下にデザートとすべてまとめて盛り付け、テラスの小さなテーブルでも楽しめるようアレンジしました。
横に飾ったススキの影が皿に写り込み、さりげなくお月見の風情が感じられます。
DSCN0928.jpgのサムネール画像


月見団子をイメージし盛り付けたのは、肉団子。
DSCN0927.jpgのサムネール画像


TPOに合わせ、時に、使い捨てのテーブルウェアを活用しましょう。紙皿、紙コップ、割り箸、ペーパーナプキンを取りやすいように並べます。そのままでももちろんいいですが、ちょっとしたアレンジがテーマを盛り上げます。


*底に満月、側面にうさぎ(すべて画用紙)を貼り付けて
DSCN0925.jpgのサムネール画像


*輝く月をイメージした和紙で作った箸袋
 (月にかかる雲に見立てた形にアレンジ)
DSCN0931.jpgのサムネール画像


DSCN0926.jpgのサムネール画像


冷えたビールも欠かせません。土鍋に氷水を入れて、クーラーとして使ってみましょう。蓋を下に置いて高さを出すことで、ドリンクが取りやすくなります。
DSCN0930.jpgのサムネール画像


今年の中秋の名月は9月30日。夏の暑さも過ぎ去る頃、秋の夜風を感じながら月を愛でてみてはいかがでしょうか。
DSCN0924.jpgのサムネール画像


ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒業 認定講師
テーブルアーチスト
食環境トータルプロデューサー
   西堀 怜子

1

カレンダー

PAGE TOP