テーブルアーチストのワンポイントレッスン ~イベント・歳時で食卓を演出!~

2012.12.09

連載 ワンポイントレッスン

12月に入り今年もあとわずか。来月には、日本人にとって一年の始まりの大切な行事・お正月がやってきます。クリスマスを終えると、年神様を迎えるにあたり、門松や鏡餅を飾ったり、おせち料理を作ったりとお正月の準備に忙しくなることでしょう。


今月のテーマは「正月」。年の始まりはいつもより少し素敵に食卓をしつらえ、家族や親戚、友人をおもてなししてみましょう。
DSCN1011.jpgのサムネール画像のサムネール画像


無地の折敷の上に、敷紙を折って敷いて(おめでたい柄を選びましょう)、
DSCN1018.jpgのサムネール画像


箸袋やメニューカードは、和紙を切って両面テープで留めるだけでオリジナルのものが簡単に出来上がります。
DSCN1014.jpgのサムネール画像


和紙が足りなければ、柄違いで用意しても楽しいもの。
DSCN1016.jpgのサムネール画像


友人との気軽で楽しいパーティーでは、おせち料理は重箱の代わりに、アフタヌーンティースタンドに盛り付けてみてはいかがでしょうか。同じ料理でも器が変わると、印象が大きく変わります。
DSCN1020.jpgのサムネール画像


ナプキンは扇形に折り、小さく南天を添えて華やかにセットしましょう。ガラスの小さな器をナプキンリングとして使うなど、アイディア次第でコーディネートは無数に楽しめます。ペーパーナプキンでも構いません。
DSCN1019.jpgのサムネール画像


お屠蘇の横には、シャンパングラスに生けた松と南天を置いてモダンにアレンジ。
DSCN1023.jpgのサムネール画像のサムネール画像

揃いの器や高価なテーブルウェアがないとコーディネートやおもてなしは出来ないと思いがちですが、紙や持っているものを使っていくらでも楽しむことは可能です。


ただし特別な時には、1点だけ新しいものを買って、気分を上げてみるのもいいかもしれませんね。そこで今回は、ゴールドのブリッジランナーを選んでみました。
DSCN1005.jpgのサムネール画像


おもてなしの機会が増える年末年始。気構えすぎず、家族やお客様の顔を思い浮かべながら気軽に楽しんでみましょう。

カレンダー

PAGE TOP