豊かな食空間のために~空間のことあれこれ興味津々!

2012.12.15

連載 食空間

前回は、スペインにおけるイスラム建築=イスラム建築の最高峰ともいわれる'アルハンブラ宮殿'のお話をしました。         

今回は、世界で最も美しいといわれる霊廟です。           

1628年~イスラムがインドに侵攻してムガル帝国を樹立してから約100年~帝国の絶頂期に第5代皇帝シャー・ジャハーンが即位します。この皇帝の最愛の王妃ムムターズ・マハルは、36歳という若さで亡くなりました。皇帝は深く悲しみ、王妃のために世界中から最高の職人、材料を集め、イスラム様式の美しく壮大な白亜の霊廟を築きました。                          

これが、'タージ・マハル'です。                      

タージ・マハルとは、ムムターズ・マハルの名前を縮めたもので、「宮廷の冠」の意味もあります。


雄大な砂岩の正門を
095.JPG
くぐると、
099.JPG

そこには広大な庭園が広がり、
103.JPG

その奥に、100m角の基廟があり、その上には、四隅に42mの尖塔(ミナレット)、中央は高さ約65mのドーム屋根の霊廟が建っています。
徹底的な左右対称、美しいプロポーションのこれらは、全て真っ白な大理石で作られ、気品のある姿を呈しています。
106.JPG

タージ・マハルは、イスラム建築の影響を大きく受けていますが、インドの建築様式の要素もみられます。
中央の大きなドーム屋根の周りの、柱に支えられた小さなドームは「チャトリ」と呼ばれ、インドに於けるイスラム建築の特徴といえます。
4本の尖頭(ミナレット)は、本来イスラム教モスクに設けられ、人々に日に5回の礼拝を呼びかけるものです。ですから、霊廟には必要のないものですが、このミナレットがあることで、外観のバランスが美しく整って見えます。そして、このミナレットの先端にも、「チャトリ」が施されています。
また、中央のドームの先端の飾りは、蓮の花がモチーフになっているとも言われ、これはインド・仏教の影響といえます。


この建物は、遠くから見るとレースのように透けて、空に溶け込むように見えますが、
122.JPG

近くでみると、白い大理石の中に貴石で施されたモザイクの柄や、大理石を彫り込んだレリーフ柄などが、繊細に施されているのがわかります。
126.JPG
118.JPG

この上なく美しい建物を目の当りにすると、シャー・ジャハーンがどれだけ王妃を愛していたか、想像に難くありません。

しかし、このタージ・マハル建築などのために国家財政を傾けることとなり、シャー・ジャハーンは三男によって、タージ・マハルから約2km離れたアーグラ城に幽閉されてしまいます。
幽閉された城の塔からタージ・マハルを眺めることが、晩年のシャー・ジャハーンの唯一の慰めだったそうです。

127.jpg
(アーグラ城からタージ・マハルを臨む)


今、シャー・ジャハーンとムムターズ・マハルは、並んでこのタージ・マハルに眠っています。


タージ・マハルは、空の色を反映し、刻々と表情を変えます。

今度訪れるなら、「是非、満月の夜に!」と心に決めました。
(普段、日の出から日没までしか開いていませんが、満月の前後5日間は、夜の時間も入場できるそうです。)

青白い月の光に照らされるタージ・マハルを見てみたい!!です。


ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒 認定講師
テーブルアーチスト
食環境トータルプロデューサー
鈴木久美子

カレンダー

PAGE TOP