「ColorでおいしさUPUP! 美味しい色のテーブルレッスン」

2012.12.15

連載 食と色

寒くなりましたね、街角のイチョウの黄色がとてもきれいです。
木枯らしで散ったイチョウの絨毯がまた、素晴らしいですね。
黄色は色の中で明度が最も高いため、
街が明るくなったように感じます。
黄色は国によって異なる用いられ方をしますが、
東洋においては、黄色を尊ぶ文化がつくられてきました。

CIMG8165.jpg


イチョウは 東京都、大阪府、神奈川県 の
都府県の木にもなっています。


イチョウの語源は葉の形がカモが足を開いた形と
似ているところから、
中国音 「鴨脚(ヤーチャオ)」 より転訛されたものという
通説がありますが、ホントに似てますね。

CIMG8171.jpgkamo.jpg


漢字でイチョウは 「銀杏」 と書き ギンナン とも読みますが
銀 杏  ギン アン → これが連声によりギンナンです。
イチョウには 雄の木 と 雌の木 があり雌の木にしか実がつきません。

CIMG8226.jpg


殻を割って 中を食べますが。

CIMG8229.jpg


黄色やエメラルドグリーンで綺麗です。
最近は真空パックのものも販売されていますので
簡単に食べる事ができます。

十穀米に散らしたり

CIMG8216.jpg

茄子の味噌田楽に彩りでのせたり

CIMG8206.jpg

茶碗蒸し、酒の肴などにピッタリです。

CIMG8237.jpg


来週は冬至です(12月21日)

geshi.jpg


冬至には柚子湯に入り カボチャを食べると風邪をひかないと
言われていますが、
そのほかの言い伝えに、冬至に「ん」の2つつくものを食べると
幸運が得られるという言い伝えもあるそうで、
「ん」 「運」 を重ねるということのようです。
冬至の七種 
「なんきん(かぼちゃ)」 「にんじん」 「れんこん」
「ぎんなん」 「きんかん」 「かんてん」
「うんどん(うどん)」
ここにも ギンナン が出てきますね(^_-)-☆

今年、幸運に恵まれた人も、また冬至に
「運」 をたくさん食べて来年が良い年になりますように 
「運」 を重ねておきましょうね。 ♡♡♡

shichifukujin.jpg

ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒業 認定講師
テーブルアーチスト
食環境トータルプロデューサー


                陣出久美子

カレンダー

PAGE TOP