「日本食文化普及プロジェクトin France ~日本テーブルアート展~」 審査会・発表会 動画配信のお知らせ

2012.12.25

テーブルアート

経済産業省が実施するクールジャパン戦略推進事業の一環として、フランス市場に日本食文化を普及させ顧客を獲得する、という趣旨のもと、2013年2月にフランス・パリで「日本テーブルアート展」が開催されます。そこに出展する製品が、在日フランス商工会議所、株式会社時評社により募集され、(株)テーブルアート代表取締役・阪口恵子に、その審査と発表会への協力依頼がありました。

12月10,11日、この事業のビジネス・プロデューサーであるヴァンサン・グレゴワール氏(仏・ネリーロディ社ライフスタイル部門部長)を迎え、鳴海製陶株式会社のショールームにて、審査及び発表会が開催されました。


今回のテーブルアート展のテーマは、グレゴワール氏による「ルネ・サイエンス」。
 西洋のトレンドと発信性の高い現代性と相容れるもの
 ただ伝統というだけでなく、意外性をもつもの、日本に対する見方を変えるもの


開催に先立ち、グレゴワール氏のテーマ・コンセプトのイメージが送られてきました。 12003.JPG
コンセプトのイメージ小冊子

これに基づき、出展製品を選定し、フランス市場に売り込みます。
そのため、阪口は、そこで選定された製品をプレス発表写真及び動画配信のために、テーマに即してより魅力的に見えるようコーディネートしました。


今回のコーディネートは、前日の審査が終わるまで、どのようなものが選ばれるかわかりません。
そこで、撮影用の背景材料などは、コンセプトイメージを基に、使えそうなものを予測しながら揃えなければいけません。

12024.JPG
和紙
12026.JPG
メタリック素材
12029.JPG
プラスチック素材
12032.JPG
木の実など
12034.JPG
葉など


ほとんど即興でのコーディネートですが、グレゴワール氏の「ちょっとツイスト(ひねり)を加えて意外性をもたせて...」との言葉におおいに賛同した阪口が、エスプリのきいたコーディネートをどんどんつくっていくのがとても面白く、とても楽しい仕事でした。


実際にコーディネートしたものは、時事通信社・動画ページで、「仏開催イベントの出展作品お披露目」のタイトルの中で見ることができます。
下記にアクセスしてご覧下さい。

http://www.jiji.com/jc/movie?p=top580-movie02&s=600&rel=y

さらに、阪口はグレゴワール氏と対談し、意気投合した二人の模様は、「月刊時評1月号」に掲載予定です。 003.JPG
グレゴワール氏との対談の様子

カレンダー

PAGE TOP