Styleのある暮らし   ~『Styleのある暮らし』を日常に~

2013.03.26

連載 インテリア

今年は桜の開花が早いそうですね。
皆さま、骨董市に行かれたことはありますか?
今回は骨董市について書いていきたいと思います。


DSC00270.JPG

四天王寺骨董市は、弘法大師空海の命日 3月21日、聖徳太子の命日 22日にちなみ毎月21日・22日に行われる縁日です。
同じく毎月21日には京都の東寺でも弘法市が行われとても賑わいます。

縁日とは、神仏がこの世と『縁』を持つ日とされていて、この日にお参りすると大きな功得があるとされています。

DSC00271.JPG

広い境内には沢山のお店が並びます。
骨董品が多いですが、古い着物、植物、雑貨等など。
「これは、売り物?」といったガラクタもいっぱいですが、この中から掘り出し物を探すのが楽しいのです。

DSC00274.JPG

昭和レトロな懐かしい食器が並びます。

DSC00282.JPG


蓄音器に器 なぜか美味しいおいも?


DSC00273.JPG

案内には、朝8:00~夕方16:00頃までとされていますが、本気で探す場合は、朝早く6時までには骨董市に向かいます。
朝1番は、一般客というよりもプロが多いですね。
大きめの古い家具や什器、大量の器を買い付けに来る人、車から荷物を下ろすのも待ち切れず、一緒に荷ほどきをする人など本気さが違います!

何度か通ううちに、好みの店がわかり希望を伝え次回の骨董市までに出物があれば持ってきてもらうようにお願いをすることもあります。
「これは大きなお屋敷の蔵から出てきた器、漆器なのだよ。」「この柄の時代は・・・」と器の歴史を教えてもらうなど店主との会話も楽しいものです。

疲れたらひと休み、お赤飯、味のしみた丸こんにゃく、お好み焼き等などお腹も満足させてくれる美味しい屋台もたくさんあります。

DSC00272.JPG

こちらのお赤飯は、お安く、美味しく、いつでも大人気で行列です。
私も毎回お土産に買って帰ります。

DSC00287.JPG

最近購入した器たちをいくつかご紹介です。
木質と銅の茶卓、100円だった茶碗、樹種はわからない木の皿、染付のお皿と用途がわからないので花器に使おうかと考えているもの。

DSC00298.JPG

これから爽やかな季節になります。
骨董市に出かけてみてはいかがですか?
素敵な発見があることでしょう。

ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒業 認定講師
テーブルアーチスト
インテリアコーディネーター
近藤 京子

1

カレンダー

PAGE TOP