チェック!~今☆これが流行中~

2013.01.20

連載 流行

新しい年がスタートし、今年も一年平穏に
過ごせるように祈るばかりです。
さて大阪では、昨年の11月に改装工事中
だった阪急うめだ本店がグランドオープン
し、梅田界隈の他の百貨店もあわせて
とても活気づいています。
特にデパ地下の食料品の充実度は高く
今回は、日本初上陸店や百貨店初出店の
スイーツをいくつか紹介します!


・JR大阪三越伊勢丹にある「あおざし
からり」。
新しい揚げ菓子ブランドで、仙台銘菓
「萩の月」で知られる(株)菓匠三全が展開
しているお店です。
全国で初めての出店で、昨年伊勢丹新宿店
では期間限定で登場したとのこと。
厳選素材を使った餅をからりと揚げた軽い
食感で、ショコラ、カレー、みたらし、
チーズなどの味のバリェーションもあり、
特にたこ焼味は大阪みやげにおすすめです!
0004.jpg
※洋風な絵柄の湯のみと小皿を組み合わ
せて、緑茶とホワイトショコラとたこ焼味の
あおざしからりでブレイクタイム。
0003.jpg


・大丸梅田店に昨年秋にオープンした
おはぎで有名なサザエ食品が初出店した
「MaPalette マパレット」。
最初に見たときにマカロン?と見間違った
ほどカラフルでキュートなお菓子です。
クルールと呼ばれ、米粉を使った生地の中に
ふわふわのスポンジとたっぷりの具材が
詰まっていて、食感はモチモチ。
イチゴ、チョコ、バナナ、抹茶などの
スイーツ系とジャーマンポテト、ピザ
ソース、カレーなどお惣菜系があり、
どれも美味!
そのままでも温めてもokです。
0001.jpg

※今、女子大生に人気のおうちカフェ。
ポップな色使いで大人気の「キャス・キッド
ソン」の大きめのマグカップに花柄が可愛い
同じキャスのアールグレイとクルールで
ティータイム。
マグカップは、ウェッジウッドなどのヨーロ
ッパ陶器メーカーや、ティファニーや
エルメスなどのブランドのものも人気だとか
・・・。
0002.jpg 
  

・阪急うめだ本店で特に注目したいのが
日本初上陸のお店です。
ニューヨークの人々が愛してやまない老舗
ダイナーの「ジュニアーズニューヨーク」。
看板メニューのチーズケーキが常時数種類
店頭に並びます!
ラズべりーピュ-レを混ぜ込んだ「ラズ
ベリースワール」は、色目が鮮やかで
甘酸っぱさと濃厚でクリーミーなクリーム
チーズの組み合わせが絶妙な一品です。
0005.jpg

※スターバックスのコーヒーがおうちで
楽しめるのをご存知ですか?
スタバで販売されている「VIA」の粉末
コーヒー(イタリアンローストかコロンビア
がおすすめ)で濃くコーヒーを入れ、牛乳
をミルクフォーマーであわ立てたものと
あわせると「スターバックスラテ」が完成。
お店の味が再現され、感動ものです!
チーズケーキとの相性もピッタリ。 
0006.jpg
0007.jpg
まだまだ寒い日が続きます。
皆さんもぜひ美味しいスイーツと温かい
飲み物で「おうちカフェ」を楽しんでみては
いかがでしょうか。


ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒
認定講師
テーブルアーチスト
フードコーディネーター     数藤晶子

チェック!今☆これが流行中~

2012.11.17

連載 流行

11月に入り、今年も残り少なくなって
きました。
前回、100円ショップのグッズを使った
コーディネートを取り上げましたが、8月
に大阪心斎橋に初上陸した北欧の
「タイガーコペンハーゲン」が話題に
なっています。
※お店の外観

0001.jpg

オープン当初からの人気で、品薄状態で
一時閉店になったほど・・・。
今は、近隣に商品をストックできる倉庫
を確保し、9月末に再オープンしました。
先日、オープン前から配布される整理券
を入手し、お店に行ってきました。
店内は、日本のグッズとは一味違う北欧
スタイルで文具、キッチングッズ、おもちゃ
など盛りだくさん!
価格は、100~500円位です。
今回、購入したグッズをいくつか紹介
します。

※紙ナプキン、ランチョンマット(赤ずきん
 柄、グレー)

0003.jpg

※2段トレー、ガラス製の四角いお皿
 (電子レンジ、食洗機OK)
0 004.jpg


※キャンドル(黄、青、紫色)、キャンドル
 スタンド、オーナメント
0007.jpg

※ハート柄の折りたたみ式ボックス、
 マスキングテープ(花、蝶)、アクセサリー
 入れ
0005.jpg
明るい夏が短く、暗い冬が長い北欧。
そのため家で過ごす時間が長く、より
快適性を求めて、色彩豊かなインテリア
を好むようです。
また自然が共有物という考えもあり、
シンプルで機能的な木製家具などに
落ち着き癒しを感じます。

今回は、北欧をイメージしたテーブル
コーディネートを考えてみました。


①タイガーのグッズを使用したコーディ
 ネート

0006.jpg


北欧のイメージカラーである青と黄色を
基調に演出。
木製のグッズやマスキングテープの
蝶を切り取り、テーブルクロスに貼り
付け、紙ナプキン(花柄)と合わせ
自然を表現。

②タイガーのグッズと北欧ブランドの
 食器を組み合わせたコーディネート

0008.jpg


ファッションでもブランドのものと、
遊び心のあるチープなものを組み合わ
せるのが上級者。
今回使用したお皿は、北欧の代表
ブランドイッタラ社ティ-マのこの冬
限定の赤。
黒のガラス製のコップもイッタラ。
(イッタラ社は、1881年にフィンランド
のイッタラで誕生した元々ガラス工場
で、インテリア性の高いおしゃれな
デザインが特徴)
テーブルクロスは、スウェーデンの
ボラス社のバードランドと呼ばれる
カラフルなプリント柄を使用。
バジルとガーリック風味のチーズと
たこをピックにさし、食べ終わったら
タイガーのキャンドルホルダーを
入れ物に。

③北欧のクリスマスをイメージした
 コーディネート

0009.jpg


赤のイッタラのお皿は、クリスマス
にも活用したいもの。
グリーンのガラス製キャンドルホルダー
もイッタラで統一。
トナカイもクリスマスらしく変身させ、
サンタの人形、ツリーで可愛らしく演出。

今年のクリスマスは、どんなパーティーに
しようかと今からとても楽しみです!


ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒
認定講師
テーブルアーチスト
フードコーディネーター   数藤晶子


 

チェック!~今☆これが流行中~

2012.09.16

連載 流行

9月も中旬、朝夕はめっきり涼しくなり秋の気配が感じられます。これからの季節、いろいろな行事があり、美味しい旬の食べ物も楽しみですね。気の合うお友達との食事や自宅でおもてなしをする機会が増えるのではないでしょうか?


でもテーブルコーディネートは大変だと感じている人も多いはず・・・。そんな時の救世主、100円ショップのおもてなしに使える食器や雑貨が最近どんどん進化しており、おしゃれなミセスの間でも気軽に楽しくコーディネートできると流行しているようです。


今回は、100円ショップのグッズをコーディネートしたものをいくつかご紹介します!


*フレンチスタイルのコーディネート


・100円ショップのグッズ
 カフェオレボウル、ミニジョーロ、ガラスのエッフェル塔、
 木製スプーン、レースのコースターなど。
001.jpg


・ナチュラルなフラワーアレジメント
 トルコききょう、スプレーバラ、スプレーカーネションなど。
002.jpg


・手作りのランチョンマット
 絵柄がフレンチっぽい包装紙を台紙に貼り、
 レースのテープを四方に装飾。
 011.jpg


・女友達との楽しいお茶会
 カフェオレ、マカロンなどの焼き菓子で。
003.jpg


*ハロウィンのコーディネート


・100円ショップのグッズ
 グラタン皿、鍋敷き、かぼちゃ型の取っ手付きカップ、
 ガラスコップ、スプーン、フォーク、ペーパーナプキン、
 木のボウル、かぼちゃの置物LEDライト、オーナメントなど。
004.jpg


・手作りのランチョンマット
 オレンジの画用紙にコウモリのオーナメントを型どったものを
 貼り付け、ペーパーナプキンをはさむ。
006.jpg


・LEDランプ
 黒猫とかぼちゃのオーナメントをライトに貼り付ける。
005.jpg


・家族でハッピーハロウィンパーティー
 かぼちゃの置物、菓子袋


・メニュー
 かぼちゃときのこのグラタン、ミニサラダ、パンプキンプリン
007.jpg


*お月見のコーディネート


・100円ショップのグッズ
 キューブ型ガラス、花器、コースター、黒の菓子器、
 黒の鍋敷きなど。
008.jpg


・LEDランプ
 キューブ型のガラスに紫の懐紙を入れ、ライトを点灯する。
 格子の黒の鍋敷きに団子がくっつきにくい葉っぱの形の
 和紙を敷き、15個のお団子を並べ、下からライトアップさせる。
009.jpg


・十五夜にゆっくり一人で過ごす ティータイム
 花器にすすき、秋の七草の桔梗を生ける。
 ランプ、うさぎの置物、お団子とグリーンティー
010.jpg


今回、私がグッズを探しに出かけた100円ショップの「ナチュラルキッチン」は、店内のディスプレイも素敵で、コーディネートの参考になるはず!
他の100円ショップも今、ハロウィンのグッズなど可愛いものがでていますので、ぜひ一度足を運んでみては、いかがでしょうか。


ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒
認定講師
テーブルアーチスト
フードコーディネーター   数藤晶子 
    

チェック!~今☆これが流行中~

2012.07.16

連載 流行

最近、何かと話題の塩麹。うまみを増す調味料として注目されています。原材料は、麹と塩と水だけといたってシンプル。家で麹を入手し、自家製の塩麹を作ることもできますが、市販品も多く発売され、地方の老舗麹店や大手みそメーカーも参入し、ますます競争が激化している様子。


*市販の塩麹、砂糖を使用していない糀ジャム
DSC 002.jpg


ファストフードのモスフードサービスは、塩麹とピリ辛のかんずり(ペースト状のもの)をあわせて作った和のオリジナルソースをを使い、角切りの長いもやトマトの赤、枝豆の緑をアクセントにした「塩糀バーガー雅」を5月24日から全国のモスバーガーで発売。女性にとても好評のようで、私も早速試食したところ、素材の味を引き立てヘルシー感もあり、食べやすくクセになるお味でした。


*塩糀バーガー雅
DSC001.jpg


塩麹は知っているが、使い方がよくわからない人のために、兵庫県西宮市の百貨店で、京都の料理研究家によるお料理教室が開催され、参加してきました。


塩麹は、塩分の割合により大きく辛口(塩度が13パーセント)、甘口(10,7パーセント)に分けられ、商品によっては明記されています。


今回は、シンプルな鶏もも肉と白ねぎの塩麹焼きと野菜の塩麹浅漬けが紹介されました。
特にお肉は、塩麹の酵素の働きで、タンパク質が糖やアミノ酸に分解され、食材をやわらかくし、長持ちさせる効果があるとのこと。今回のレシピは、ビニール袋に鶏もも肉と塩麹を入れ、30分以上空気を抜いた状態で冷蔵庫に置いておき、フライパンで焼くだけの簡単なもので、たとえば鶏肉はこげやすいので、焼くときには麹をふきとることや、皮面から焼くなど気をつければ失敗なく美味しく仕上がります。


*鶏もも肉と白ねぎの塩麹焼き
DSC 007.jpg

野菜の浅漬けは、大根、きゅうり、みょうがを薄く切り、目安として材料重量の10パーセント程度の塩麹をビニール袋に入れて軽くもみながら馴染ませるとできあがり。空気を抜いて平らにし重石をすると作ってから5分程度で食べられます。


*野菜の塩麹浅漬け
DSC 006.jpg


もうひとつ新しい商品や珍しい調味料を扱うお店があるので紹介します。首都圏や関西圏を中心に約40店舗展開する「北野エース」という小売店で、競争の激しい中、安さを売りにするのではなく、全国から集めたカレー350種類、みそ90種類、醤油150種類、ドレッシング170種類など品質と価値の高さで仕入れた商品を取り揃えています。また商品の知識を備えたコンシェルジェを配置し、商品特性や美味しさを説明してくれます。お店のブログに人気商品ランキングもあり、一度チェックしてみてください!今回、近くにある北野エースに行って気になるものを何点か購入しました。


*ご当地カレー
 山形 さくらんぼカレー
 広島 かきカレー
 沖縄 てびちカレー
DSC 004.jpg


*さくらんぼカレー
 色はさくらんぼのピンクで甘口のフルーティーな味。
DSC 008.jpg


*ご当地ラーメン
DSC 003.jpg


*韓国食品、調味料など
DSC 005.jpg


いろいろなものが簡単に入手できる反面、どれを選んでいいのか迷うのも事実。情報に踊らされず、自分の目でしっかり判断できるようになることが大切なのではないでしょうか。


ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒 認定講師
テーブルアーチスト
フードコーディネーター    数藤晶子

チエック!~今☆これが流行中~

2012.05.14

連載 流行

今、セルフサービスのうどん業界が熱いようです。


"国内1千店"を目指す最大手チェーン「丸亀製麺」は、トリドール(神戸市)が焼き鳥チェーンから鳥インフルエンザ以降セルフうどんに参入。現在全国に572店舗、海外にも5店舗出店中。


その「丸亀製麺」が今年1月、讃岐うどんの本場、香川県高松市郊外に出店し話題になっています。昼時には、味にうるさい地元の人たちも行列を作っているとか。「麺、だし、薬味」にこだわり、安さはもちろん特に麺は、打ちたて、茹でたて、しめたての「できたて」にこだわる徹底ぶり。揚げたての天ぷらやにぎりたてのおにぎりも人気のよう。


2011年には、ハワイにも進出し、こちらも売上げが予想の1.5倍と好調で中国、タイでは店舗数を増やしたり、ロシアにも進出予定とのこと。今や"うどん"は、世界のフードに進化中。


DSC0001.jpg


そもそもセルフうどんとは、うどんの玉数を申告し、麺を受け取ったらだしをかけ薬味や天ぷらなどをのせていただく方式。チェーン店では安さに加え、味、品質にもこだわり全国に出店が相次いでいるとのこと。


そんななか危機感を感じた地元香川県では県外業者と区別するロゴを商標登録したり、特に個人経営のうどん店では、他の店にはないメニューを考案しているようで、いくつか珍しいものを紹介してみたいと思います。


高松市内にある「手打十段 うどんバカ一代」。ユニークな店名は、店主が空手の黒帯保持者だが、うどんはまだ白帯、うどんでも早く黒帯を締められるようにという思いからだそう。年中無休で朝6時からオープンしており、近くの学生や昼時はサラリーマンで賑わっています。
DSC0002.jpg


一番人気は「ぶっかけうどん」で、珍しいメニューの「釜バターうどん」も人気だとか。
早速私もお店でいただいてみました。茹でたてのうどんに、バター、卵、黒こしょう、だし醤油を少しかけてまぜると、これがまさに和風カルボナーラ!とても美味しくて、くせになりそう・・・。
DSC0003.jpg


もう一軒、最近オープンしたお店で高松市郊外の仏生山(ぶっしょうざん)にある法然寺の中の本格手打ちさぬきうどん「竜雲」。初代高松藩主松平頼重公の奨励により、藩内の製麺業者を集め、当時よりうどんなどの製麺が盛んでその歴史を継承しているとのこと。
DSC0004.jpg


ここでのおすすめは、「ねぎと温玉のつけうどん」で、まずごまだれで麺をいただき、次にたれの中に温玉を割って、最後にそのたれをご飯にかけていただくというもの。一度で三度美味しく楽しめるのも嬉しい。うどん店には珍しく、中華麺も扱っていてうどんに飽きたらこちらもぜひ!
DSC0005.jpg


これからの暑い季節には、高松市内の繁華街にある「うどん棒」の「冷や天」もおすすめ。冷たいぶっかけうどんに揚げたての海老や野菜の天ぷらがトッピングされ、もみじおろし、ショウガ、ネギなどの薬味と一緒にいただくと、爽やかなのどごしで、あっと言う間に食べてしまいます。
DSC0006.jpg


香川県は、日本で最も面積が狭く、瀬戸内海に面した雨があまり降らず、日照時間が長い穏やかな気候が特徴。小豆島のオリーブや金時人参、レタスなどの生産がさかんで、特にうどんの消費は、家庭内、外食とも全国1位。最近は、うどん県と宣伝したり、高松駅の"さぬき高松うどん駅"という愛称が披露されたとのこと。そんなさぬきうどんと香川県の郷土料理を実際に作ってみました。


*冷たいぶっかけうどん、さわらの押し抜き寿司、しょうゆ豆、おでん


DSC0007.jpg


香川県の郷土料理にさわらの押し寿司があります。
春が旬の魚へんに春と書いて"鰆"(さわら)。さわら漁で賑わうころ、農家ではさわら料理を作って親戚を招き、その時の主役がこの寿司。四角に型抜きされた寿司にはさわら、
エビ、そら豆、ふき、卵をのせています。


箸休めには、お土産としてもよく使われるしょうゆ豆。乾燥したそら豆に砂糖や醤油で味付けされたもので、常備食として食べられています。


うどんとよく一緒に食べるおでんは、白味噌で。


豊かになったといわれる現代の食生活。しかしその反面、輸入食品や外食の増加により、日本独特の季節感あふれる豊かな食生活が失われつつあります。こんな時代だからこそ郷土料理を見直し、次世代に伝えていきたいものです。


ジャパンテーブルアーチストアカデミー卒 認定講師  
テーブルアーチスト
フードコーディネーター  数藤晶子

1 | 2

NEXT

カレンダー

PAGE TOP