「日本食文化普及プロジェクトin France ~日本テーブルアート展~」 審査会・発表会 動画配信のお知らせ

2012.12.25

テーブルアート

経済産業省が実施するクールジャパン戦略推進事業の一環として、フランス市場に日本食文化を普及させ顧客を獲得する、という趣旨のもと、2013年2月にフランス・パリで「日本テーブルアート展」が開催されます。そこに出展する製品が、在日フランス商工会議所、株式会社時評社により募集され、(株)テーブルアート代表取締役・阪口恵子に、その審査と発表会への協力依頼がありました。

12月10,11日、この事業のビジネス・プロデューサーであるヴァンサン・グレゴワール氏(仏・ネリーロディ社ライフスタイル部門部長)を迎え、鳴海製陶株式会社のショールームにて、審査及び発表会が開催されました。


今回のテーブルアート展のテーマは、グレゴワール氏による「ルネ・サイエンス」。
 西洋のトレンドと発信性の高い現代性と相容れるもの
 ただ伝統というだけでなく、意外性をもつもの、日本に対する見方を変えるもの


開催に先立ち、グレゴワール氏のテーマ・コンセプトのイメージが送られてきました。 12003.JPG
コンセプトのイメージ小冊子

これに基づき、出展製品を選定し、フランス市場に売り込みます。
そのため、阪口は、そこで選定された製品をプレス発表写真及び動画配信のために、テーマに即してより魅力的に見えるようコーディネートしました。


今回のコーディネートは、前日の審査が終わるまで、どのようなものが選ばれるかわかりません。
そこで、撮影用の背景材料などは、コンセプトイメージを基に、使えそうなものを予測しながら揃えなければいけません。

12024.JPG
和紙
12026.JPG
メタリック素材
12029.JPG
プラスチック素材
12032.JPG
木の実など
12034.JPG
葉など


ほとんど即興でのコーディネートですが、グレゴワール氏の「ちょっとツイスト(ひねり)を加えて意外性をもたせて...」との言葉におおいに賛同した阪口が、エスプリのきいたコーディネートをどんどんつくっていくのがとても面白く、とても楽しい仕事でした。


実際にコーディネートしたものは、時事通信社・動画ページで、「仏開催イベントの出展作品お披露目」のタイトルの中で見ることができます。
下記にアクセスしてご覧下さい。

http://www.jiji.com/jc/movie?p=top580-movie02&s=600&rel=y

さらに、阪口はグレゴワール氏と対談し、意気投合した二人の模様は、「月刊時評1月号」に掲載予定です。 003.JPG
グレゴワール氏との対談の様子

第1回 AJCA グローバル・シェフ・セミナー

2010.09.29

テーブルアート

主催 株式会社J.C.ビルディング
後援 社団法人全日本司厨士協会
「第1回 AJCA グローバル・シェフ・セミナー」が
J.C.ビルディングにて開催され、代表・阪口の代わりに
スタッフが出席し、勉強してまいりました。
CIMG5822.JPGのサムネール画像


講師:飯島幸親氏
     サンディエゴ在住 グローバル・シェフ 
     (元マリオット・エグゼクティブシェフ、マリオット・
      アジア・ハワイ担当リージョナル・オペレーション・
      ディレクター、元横浜ベイシェラトンホテル&
      タワーズ取締役オペレーション上級責任者、
      社団法人全日本司厨士協会 外部理事)


セミナーの目的は、今後日本のシェフに求められる、
グローバルな視野にたった新しいマネジメントについて
の心得とスキルアップ。


自分にとって一番comfortableな状態で学ぶことが大切。
セミナーの勧め方は、欧米の会議と同じように途中2度の
コーヒーブレイクが入ります。


全ての仕事には数字があること、
今後日本のシェフもグローバルな視点が大切であり、
そのために何をしなければならないのか等、飯島先生による
お話は非常に具体的で、説得力にあふれていました。


食環境をトータルプロデュースするテーブルアートの世界でも、
マネージメントこそ最も大切な知識であり、それらが
今後求められていくと改めて感じました。


出席者も日本の早々たるホテルの取締役や総料理長ばかり。
一流の方々とのふれあい、刺激的な一日でした。

BIA(社団法人日本ブライダル事業振興協会) 第17回総会・研修会・懇親会

2010.06.17

テーブルアート

東京・文京区にあります椿山荘にて、BIA(社団法人日本
ブライダル事業振興協会) 第17回総会・研修会・懇親会
が開催されました。


今日では当たり前になったカラーウエディング。数十年前
海外から日本中に広めた阪口恵子と、当協会との付き合いは
設立前からの大変深いもの。
代表 阪口恵子のおともとして、また勉強のため、JTAA
副会長とテーブルアートスタッフも共に出席。


ブライダル業界を代表する方々ばかりが数百名も出席される
大変盛大な会。出席させて頂いたことに感激すると同時に、
会場の装飾・料理にも気合が感じられます。
CIMG3287.JPGのサムネール画像

CIMG3277.JPGのサムネール画像

CIMG3285.JPGのサムネール画像


塩月会長による御挨拶。
CIMG3279.JPGのサムネール画像
スペシャルゲストとして三田村邦彦氏が登場。
新曲ブライダルソングをステージにて披露。
CIMG3281.JPGのサムネール画像
第6回「The Master of Bridal Coordinator」の表彰式。
CIMG3289.JPGのサムネール画像


長年ブライダル業界でお世話になった方・懐かしい方々と
挨拶を交わす代表・阪口恵子。そのそうそうたる顔ぶれを
見て、ブライダル業界での功績を間近に感じました。


来月、東京ビックサイトで開催される「ブライダル産業フェア」
でのコーディネート出展も、ブライダル産業新聞社の社長との
数十年来の親交があってこそ。
最新のコーディネートを披露致しますので、ぜひお越しください!
http://www.tableart.co.jp/blog/2010/05/27_77.html

社団法人全日本司厨士協会 平成22年度合同懇親会

2010.06.14

テーブルアート

2010年5月25日(火)、グランドプリンスホテル新高輪にて
社団法人全日本司厨士協会、社団法人全日本司厨士協会
東京地方本部、㈱J.C.ビルディング 合同懇親会 が開催され、
阪口恵子のおともとして、テーブルアートスタッフも出席して
まいりました。
CIMG3163.JPGのサムネール画像
CIMG3171.JPGのサムネール画像
CIMG3169.JPGのサムネール画像


出席することが出来たのも、当協会と阪口恵子の長年に渡る
深い親交があってこそ。
2002年には、社団法人全日本司厨士協会主催 「第30回世界
司厨士協会連盟世界会議(シェフサミット)」において、阪口が
テーブルアート展『世界の食卓に日本の美を』を企画演出総合
プロデュース。
2004年には当協会の依頼により、ドイツ開催『第21回 世界料理
オリンピック』において阪口が日本代表団トータルアドバイザーを
務め、銀メダル受賞しました。


今回の合同懇親会には、食の世界を代表する・食の世界に携わる
そうそうたる方々が多数出席されていました。
CIMG3164.JPGのサムネール画像
(武部勤氏による御挨拶
  社団法人全日本司厨士協会 総本部名誉総裁
  衆議院議員)
CIMG3172.JPGのサムネール画像
(右から社団法人全日本司厨士協会 宇都宮会長、
 武部勤氏、阪口恵子)
CIMG3184.JPGのサムネール画像
(右:社団法人全日本司厨士協会 宇都宮会長)
 左:公立大学法人 首都大学東京 理事長 高橋宏氏)


そしてもちろん和洋中と素晴らしい料理の数々が振舞われました。
ビュッフェの格はサービス要員の数と質で決まるといわれて
いますが、さすが目を見張るほど。
CIMG3173.JPGのサムネール画像
演出も目を引くものばかりで、大変勉強になりました。
CIMG3177.JPGのサムネール画像
CIMG3174.JPGのサムネール画像
CIMG3178.JPGのサムネール画像
合間には尺八や歌の演奏があり、エンターテイメントの
数々がパーティーをいっそう盛り上げます。
CIMG3175.JPGのサムネール画像
CIMG3180.JPGのサムネール画像
パーティーにおけるホスピタリティーの精神を心から
感じさせて頂ける最高の一夜でした。


私たちスタッフがこのようなパーティーに参加できたのも
代表 阪口恵子の「人を育てるためには多くの素晴らしい
体験をさせること」との考えからです。
感謝します!!!!

1

カレンダー

PAGE TOP